外壁塗装をする極意|大切な家を守ることが可能

家

壁塗り替え業者の仕事

刷毛

壁を塗り替えるとき

外壁塗装は10年を目安に塗り替えることが望ましいといわれています。それは外壁に塗装された塗料が長い年月で劣化してしまうからです。塗料は防水や断熱の役割をしているので劣化すると防水や断熱効果も減少してしまいます。京都は北部は冬は雪が降り内陸部では夏に高温多湿になる気候です。これらの気候は建物の一番外側にある塗料にダメージを与えてしまいます。塗料は建物の耐久性を保つ役割をしているのでメンテナンスが必要です。京都の業者が行う外壁塗装には様々な工程があり、それぞれ重要な意味を持っています。一般的な京都の外壁塗装業者は、足場を組んでから養生シートや飛散防止ネットで建物を覆います。そして、高圧洗浄機で壁の汚れを落とし、ひび割れなどを補修して外壁の塗装を始めます。養生シートは外壁以外に汚れが付かないようにするためのもので、飛散防止ネットは高圧洗浄機の水や塗料が周囲に飛び散らないようにするためです。高圧洗浄機を使うのは、古い塗料を落とし壁にこびりついた汚れやカビなどを落とす目的があります。汚れやカビ、古い塗料がついたままでは新しい塗料が外壁に密着しないので高圧洗浄機を使って落とします。外壁が十分に乾燥したらひび割れなどをシーリング剤で補修し下塗りと呼ばれる作業をします。下塗りは透明又は薄い色の塗料で、外壁の防水性を高め塗料を密着させる効果を持っています。下塗りが終わったら塗料を二度塗りします。二度塗りするのは塗料を厚くすることで防水性を高める意味があります。京都では天候で工期の変動はありますが二週間程度で外壁塗装作業は終了します。