外壁塗装をする極意|大切な家を守ることが可能

家

大切な我が家を守るために

作業員

外敵をシャットアウト

外から家を眺めた際に、新築の時に比べて外壁の汚れが目立ってきたと感じたり、よく目を凝らすとところどころ小さなヒビ割れがあったり塗装の剥がれが見えるといったことは、多くの人が経験していると答えています。実は、これは外壁塗装の劣化のサインなのです。外壁塗装は、家の外観を美しくするだけでなく雨風や汚れた大気、紫外線等の外部の脅威から家を保護する役割を持っているのです。しかし、外壁塗装は永遠ではなく次第に劣化してしまいます。ここ埼玉は、関東平野の気候の特徴である高温多湿に加えて、人口の多さや車での輸送の多さによる大気汚染が指摘され、外壁塗装のダメージは深刻とされています。外壁塗装は、劣化のサインが見えたら家を保護する役目はほぼ終えようとしていえるところです。一刻も早く、外壁塗装リフォームを考慮することが必要なのです。さて、埼玉に外壁塗装リフォームを行う業者は多数存在します。しかし残念ながら、埼玉だけに限りませんが中にはリフォームに詳しくない依頼者に必要以上に多額の料金を請求する悪徳業者が混じっているのです。これらの被害に合わないためには、必ず複数の業者に見積りを取り、それぞれ提出された工事内容や塗料、料金等をチェックすることです。たとえば、塗料には安価だが劣化の早いアクリルやウレタン、標準とされるシリコン、高価だが耐久性の良いフッ素や光触媒等があり、塗料が変わればリフォーム料も大きく変わってくるのです。外壁の傷み具合等により工程にも違いがあり内外しますが、リフォーム料の相場としては安価な塗料では30坪の住宅で50万円から、標準で60万円から、高価な塗料では80万円からが埼玉での一般的な価格とされます。先にあげたように傷み具合や住宅の面積、塗料等により料金が変化することが考えられるため、費用の目安としては100万円は考えておくと良いと言われています。